7月30日川の状況です 
 寒河江川は、先日の雨の増水状態もおさまり水量も落ち着いてきました。本日は投網が解禁なので、友釣り専用区に釣り人が集中していますが、魚も網から逃げて友釣り専用区に集まってきていますのでこれから面白い状況になりそうです。ただし、週末にはその友釣り専用区において100人規模の釣り大会が予定されているので、その区間での釣りは難しいかもしれません。しかし、その頃になると魚も網の影響を受けなくなってくると思われますので、友釣り専用区以外でも釣れ出すこともあると思われます。
 また、大会終了後には、数百キロの成魚放流も予定しております。
 次に最上川についてですが、上流で集中豪雨による土砂崩れのところがあり、その影響できつい濁りでしたが、だんだん薄くなってきていますので来週あたりには楽しめそうです。
 アユは豊富なので期待できそうです。
 どうぞお越し下さい。

7月29日寒河江川の状況です 
 昨日の雨の影響もなく、水量も平水で濁りもないようです。
 昨日の釣果ですが、午後から慈恩寺橋の周辺で20尾釣れた方もおられたようです。大きさはバラつきがありますが、昨日は18cmのものが一番大きかったようです。

7月24日の寒河江川の状況です 
 昨夜の雨の影響もなく水量もあまり変わりありません。ただ、少し濁りがあるようですが釣りには影響はないようです。
 昨日の釣果ですが臥竜橋の上流で45尾釣られた方もおられたようです。大きさはバラつきがありますが中には22pのものもつれたようでした。

7月22日寒河江川の状況です 
 7月20日に報知オーナーカップアユ釣り大会が開催されました。優勝者された方は、決勝戦・チェリーランド裏野球場の近くで2時間で26尾釣りあげたそうです。大会中釣れたアユの中には最大で22pのものもあったようです。
 7月21日の釣果は慈恩寺橋より下流で30尾位つれているそうです。また、獅子の口あたりでは、数は出ませんが最大で23cmのものが釣れたようです。
 水量は平水よりやや少なめですが、川の状況は良好のようです。

7月18日の寒河江川の状況です 
 昨夜の雨の影響もなく、水量は平水よりもやや少なめで濁りはなく釣り可能な状態です。
 昨日の釣果は大きさにバラつきはあるものの臥竜橋より上で30尾位釣れた方もいたようです。

P1 P2 [P3] P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19