関西の梅雨入りと梅雨明け予想2024と過去の統計について

関西地方の梅雨入りと梅雨明けを予想してみた

2024年、関西地方での梅雨入りと梅雨明けの時期って気になりますよね?

夏の訪れを前にするこの季節は、毎年その時期が異なります。

 

過去の統計をもとに2024年の関西地方の梅雨入りと梅雨明け時期を予想してみました。

最新の気象情報に常に注意を払いながら、2024年の梅雨シーズンをどのように乗り切るか、その準備を始めましょう。

2024年関西地方の梅雨予測

気象庁が過去30年分のデータを基に算出した平均値によれば、梅雨の期間をある程度予測することができます。

この平均値は10年ごとに更新され、2024年の予測は1991年から2020年の間のデータに基づいています。

 

関西地方では、

 

梅雨入りが6月6日頃

梅雨明けが7月19日頃

 

になると予想されます。

 

過去の統計:関西地方の梅雨入りと梅雨明け

西暦 梅雨入り 梅雨明け
2015年 6月3日頃 7月24日頃
2016年 6月4日頃 7月18日頃
2017年 6月20日頃 7月13日頃
2018年 6月5日頃 7月9日頃
2019年 6月27日頃 7月24日頃
2020年 6月10日頃 7月31日頃
2021年 6月12日頃 7月17日頃
2022年 6月14日頃 7月23日頃
2023年 5月29日頃 7月20日頃
平年値 6月6日頃 7月19日頃

しかし、過去数年間の実際の梅雨入りや梅雨明けの日付を見ると、平年値とは異なる結果が出ており、年によってかなりの差があることがわかります。

梅雨入り・梅雨明けの基準について

梅雨の開始と終了は、気象庁によって正式に発表されます。

一週間以上持続する雨天が予測される場合に梅雨入りが宣言され、連続する晴天が一週間以上予測される場合には梅雨明けが宣言されます。

 

梅雨前線が地域を離れたと見なされた場合も梅雨明けとされます。

ただし、毎年の気象条件は異なるため、梅雨入りと梅雨明けの正確な予測には困難が伴います。

 

梅雨宣言後に予想と異なる天気が続くことがあります。

その年の梅雨期間の正式な決定は、9月に行われる気象データの再評価後に行われます。

まとめ

以上で述べた2024年の関西地方の梅雨期間に関する予測は、過去のデータに基づいています。

実際の梅雨入りや梅雨明けは年によって変わるため、これらの予測を参考にしつつ、常に最新の気象情報をチェックすることを忘れないようにして下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

車でドライブが趣味。
自分が行った場所や行ってみたい観光地の情報を集めてまとめたりしています。

最近は美しい体を手に入れるため、筋トレに力を入れています。

コメント

コメントする

目次